レントゲンの放射線量が与える影響

レントゲンは正確な治療を行う上でも欠かせない検査のひとつですが、中には放射線量を懸念される方も少なくありません。

人体に影響のある放射線被ばく量は、200ミリシーベルトと言われています。私たちは日常生活においても自然に放射線を浴びており、年間約2.4ミリシーベルト程度とされています。

医療で行われるレントゲン検査での放射線量は

胸部:0.05ミリシーベルト
胸部:0.05ミリシーベルト
腰椎:1.5ミリシーベルト
頭部CT:0.5~1.5ミリシーベルト

という数値が計測されています。

レントゲン撮影によって健康に大きな影響が出るという心配はありませんのでご安心ください。

一番上に戻る
022-302-5080 Mail
022-302-5080

お問い合わせContact

022-302-5080
Open
09:00~12:30/14:00~18:00
Close
土曜午後・日曜・祝日